UNUSED・SANDINISTA・VICTIM・Hombre Nino展示会

2019.11.22

こんにちは。

 

 

 

JUDGEの岡本です。

 

 

 

今週はUNUSED・SANDINISTA・VICTIM・Hombre Ninoの4ブランドの展示会にBOSSと二人で伺わせて頂きました。

 

 

 

先日から楽しみにしておりましたが、どのブランドも非常に充実した内容の展示会でした。

 

 

 

早速ですが、展示会内容を報告したいと思います。

 

 

 

UNUSED

 

 

来シーズンのUNUSEDは、シルクやレーヨンを使ったニットやシャツ。

レザーの絞り染め等、生地や素材にインパクトのあるアイテムが目立つコレクションとなっておりました。

 

 

 

また毎シーズンリリースされているリメイクデニムや緩めのカットソー類などはアップデートされ非常に良い仕上がりでした。

 

 

 

個人的に気になったアイテムは、プリントパーカー、シルクネップニット、サイドが紐のシャツ、オーバーサイズカットソー、リメイクデニム、ストライプアノラック、ストライプパンツ、ボーダーTee、グレンチェックドリズラーとパンツ、シェルブルゾン、レーヨンのペイズリーシャツとパンツ、ノースリーブカットソーなど、個人的にも以前からよく着ているブランドで今回もかなり欲しくなる物が多かったです。

 

 

Sandinista

 

 

 

来シーズンのSANDINISTAは、シンプルで長く着用できるデザインながら、機能的で着心地の良さを感じられる素材や生地のアイテムが多かったです。

 

 

ヴィンテージデザインを現代に昇華したアイテムは、今着たくなる物ばかりでした。

 

 

 

個人的に気になったアイテムは、ステンカラーコート、パッカブルレインコート、ムーブフィットセットアップ、オーガニックコットンスタンドカラーJKT、サイドスリットパーカー、ドローストリングスウェット、ドローストリングシャツ、2トーンロンTee、サイドスリットポケTee、イージーフィットボーダーTee、チノビッグショルダーバッグなどが特に気になりました。

 

 

 

VICTIM

 

 

 

VICTIMの春夏シーズンは洗練されたクリーンなスタイルの中に、ジップ使いやイージー仕様と言ったスポーティー要素が感じられるコレクションとなっておりました。カラーも定番カラーの他にスモーキーなパステルカラーなど春夏に着たくなるアイテムが多かったです。

 

 

また定番でリリースされているCA4LAコラボの帽子類やスリッポンタイプのレザーシューズなど小物も目立ちました。

 

 

 

個人的に気になったアイテムは、ストレッチ素地のセットアップ、イージースラックス、ダメージTee、8分袖カットソー、サイドジップニットベスト、サイドジップパーカー、サマーニットカーディガン、CA4LAコラボのニットキャップ、ベレー帽、バケットハット、ジャラン スリウァヤコラボレザーシューズなどが特に気になりました。

 

 

 

Hombre Nino

 

 

Hombre Ninoでは、春夏らしい鮮やかなカラーやプリントのアイテムが目立ち、定番でリリースされているアイテムも素材やカラーがアップデートされていました。

小物もコラボバッグ類などがキャッチーなデザインで使い勝手も良いアイテムとなっていました。

 

 

 

個人的に気になったアイテムは、コロナ2wayjkt、ダブルニーパンツ、ベンチレーションシャツ、リラックスシルエットチェックシャツ、ベンチレーションパーカー、フルーツオブザルーム別注パックTee、ポーターコラボバックパック、ゼプテピコラボショルダーバッグ、レザーウォレットなどが特に気になりました。

 

 

 

 

簡単ではありますが、以上が今週の展示会の報告になります。

 

 

また詳細や画像の閲覧につきましては岡山、広島の各店舗にてご説明出来ますので、

興味のある方は是非お気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

岡本